ようこそ「北村一輝画像★北村一輝動画写真集」へいらっしゃいました!このサイトは、北村一輝が今とっても気になっているとか、北村一輝の大ファンだ!または北村一輝が大好き!北村一輝のお宝画像動画壁紙などが欲しい!という方を対象に、様々な情報を提供していきます。最近はyoutubeやGyaOなど動画サイトの登場で動画がより身近になり、Dailymotionも日本語化されて便利になりました。もちろん、北村一輝のお宝動画を見つけ次第こちらで紹介したいと思います。いろいろと長くなりましたが、当サイトは細々と更新していきますので、今後とも温かく見守って頂けるとうれしいです。
日本人男性の、約6割が悩んでます。それは・・・←クリック!
日本人女性の、約8割が悩んでます。それは・・・←クリック!
必見!おトクなバーゲン情報が満載です!!・・・←クリック!
激安格安ノートパソコン比較情報リンク集・・・←クリック!
★北村一輝 検索はこちら!★

北村一輝のお宝画像や壁紙

北村一輝のお宝画像とか壁紙や曝露スクープ特ダネ裏話裏モノ噂情報をお探しの方へ。北村一輝のお宝画像とかって、なかなか出回らないですよね。そんな北村一輝ファンのあなたへオススメの写真集をご紹介します。

アクターズ・スタイル SPRING 2006 Bamboo Mook
アクターズ・スタイル SPRING 2006     Bamboo Mook
竹書房 2006-05
売り上げランキング : 42284

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
弱虫(チンピラ) 完全なる飼育 女理髪師の恋 CINEMA SQUARE vol.5 (5) 夜王 ~yaoh~ TVシリーズBOX 濡れた赫い糸

続きを読む
posted by 北村一輝fan at 20:50 | 北村一輝 写真集

北村一輝について

北村一輝画像壁紙動画をお探しのみなさまへ。
北村一輝のプロフィールを紹介します。(Wikipediaより)

北村 一輝(きたむら かずき、1969年7月17日 - )は、フロム・ファーストプロダクション所属の日本の俳優。元々は本名の北村 康(きたむら やすし)名義で俳優活動をしていたが、出演していた作品で三池崇史監督から、「北村一輝」の名をもらった。思想家・北一輝とは関係がない。大阪府大阪市天王寺区出身。弓削商船高等専門学校中退。血液型はA型。身長177cm 体重65kg 靴のサイズは27cm 既婚者であり1児の父である。

『JOKER・厄病神』(1998年)では役作りのために前歯6本抜歯するなど、平成の役者バカとして知られる。
少年の頃は海賊になりたかったため、商船高専に進学したものの、高専に通っても海賊にはなれないと気づき、中退。せめて海賊の役をやりたいと思い、役者を志したと、「徹子の部屋」出演時に語る。

海賊に憧れたのは、子供のときにテレビで見たタイロン・パワー主演の海洋スペクタクル映画「海の征服者」がきっかけ。その後に深作欣二監督の「蒲田行進曲」を見て、映画俳優になりたいという思いをより強くしたという。

19歳で上京。事務所やオーデションを受けまくり、自力でエキストラなどの仕事を得る。売り込みのために、本人とマネージャーの一人二役を演じていたこともあるという。しかし、なかなか芽は出ず、いったんは俳優業をやめ、4年近くをオーストラリアを皮切りに、南アメリカ、東南アジアなど海外放浪に費やしてきた時期がある。大成した際には自身の経験を生かし、多くの若者にチャンスの場を提供していきたいと雑誌等で語っている。


端正なルックスにもかかわらず、悪役やアウトロー、異端・異形の役が多い怪優。イケメンのホストを演じたと思えば、可笑しな笑い声を発するオタクの社長も平然とこなすその狂気じみた演技力は、役としての狂気だけでなく、「演技」への狂気などを容易に感じさせるものがある。


関西テレビで放送された単発ドラマシリーズ「横山やすし フルスロットル」では、漫才師の横山やすしを演じた。漫才だけでなく、競艇の選手としてのやすしの生き様にスポットを当てたドラマで、迫真の演技を見せた。

『北条時宗』では、主人公北条時宗(和泉元彌)の側近平頼綱として、元からの政権の重臣である安達泰盛(柳葉敏郎)を徐々に追い落としていくという野心的な役どころを務め、注目を集めた。

『夜王〜YAOH〜』(TBS・聖也)では、妖しげなホスト姿が話題になった。この役どころで、実力派役者としての地位を世間に知らせることになった。

また、2004年に公開された『ゴジラ FINAL WARS』(東宝)で演じたX星人・統制官役は、そのハイテンションさや、役柄の破天荒さが広く評価されている。

2006年の10-12月期にはドラマに二つ出演しており、『14才の母』では主人公とその家族らを結果的に追いつめる役どころを演じるが、その後気持ちが揺れ動くという、難しい役を演じている。

深夜テレビでも放映された『アキハバラ@DEEP』(大根仁監督)は、『夜王』の撮影と同時進行というスケジュールにもかかわらず、シャアのコスプレができるという理由だけで出演を快諾。その昔はガンプラ好きで、ニチイのコンテストでジオラマを作って優勝したこともあると、雑誌の対談で語っている。 ちなみに趣味の一つが、日曜大工。

1999年の映画『皆月』と『日本黒社会 LEY LINES』で、キネマ旬報新人男優賞、ニフティ映画大賞助演男優賞などを受賞。『皆月』ではヨコハマ映画祭助演男優賞も受賞。この映画で共演した奥田瑛二が、当時、北村に付けたあだ名が“浮遊する爬虫類”。

続きを読む
タグ:北村一輝
posted by 北村一輝fan at 20:34 | 北村一輝 紹介
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。